タグ:遠い記憶 ( 4 ) タグの人気記事
大事なこの人たち。
d0079725_13205928.jpg

この人たちは、これからもずっと一緒。
アンディーは女の子にあげちゃったけど。
息子が、毎日毎日、手にしていたバズ。
真っ黒になってる。
これを見ると、パリでの暮らしを思い出す。
だんだん薄れていく、
確かにあったあのパリの部屋での暮らし。。
あの日々は私の宝もの。
[PR]
by yutanmaman | 2013-01-24 13:16 | days
プリプリ。
たぶん私たち夫婦って恋人同士みたいなので、
あまり夫婦って感じがしない。
子供の親って感じもしないな。 
昔、ほんとに恋人同士だった頃、何回かセーターを
編んであげたけど、ダンナに何かを編むのはそれ以来。
ダンナのためっていうより、編み物が好きなんだけど。
無心になれる。

自分のスヌードをあっという間に作り上げたので
次はダンナに何か。
裁縫は好きだけど、ミシンだけはどーも好きじゃない。
機械を使うのがどーも。
あのミシンのチマチマさ具合は好きじゃない。
d0079725_22444964.jpg


で、プリプリ。。。いやー すごい懐かしい。
私、まさに私の時代のプリプリ。
私はVoの奥居さんが大好きだったのですが、
高校生の頃、友達に頼まれてコピーバンド、やってました。
一時期。 

どの曲も全部知ってるし、十何年かぶりに聞いたら
一瞬であの時代にスリップしてしまいました。
すごくいい時代だった。
いやー、ただただ懐かしい。 どの曲も好きだなぁ。

高校~大学時代のあの頃の気持ちが一瞬でよみがえる。
音楽ってすばらしい。
就職試験を受けるときのあの感じも思い出した。
懐かしい・・・
[PR]
by yutanmaman | 2012-12-19 23:00 | days
思い出がこぼれでた。
その、探していた絵ついで、パリに住んでいるときに訪れた
場所場所で買って集めた絵ハガキの入っている箱を
帰国して初めて開けてみた。
見たい絵ハガキがあったので・・。

開けてそれらを見たとたん、一気に思い出がはじけ出た
という感じだった。

そのハガキに写った写真を見てるうちに、なんとも言えない
気持ちにった。 胸がキュンとする、という表現があるけど、、、
そんな感じ。

きっとパリに住まなかったら訪れることのなかった国や街。
すごく小さな街から観光で賑わう大きな街、国。
何枚あるだろう。 100枚近くある。

たった3年でいろんな場所を訪れてこの目で見た。

それらを見て思うのはまず、夫に感謝、ということ。
色んなところへ連れて行ってくれた。 

どんな小さな場所も覚えてる。いろんな思い出が蘇る。

ほんと、あの数年は宝です。
この絵ハガキたちもどれも全部大事。
d0079725_9514560.gif

[PR]
by yutanmaman | 2012-01-16 10:07 | days
1枚の絵。
ずーっと探していた絵があった。

18年くらい前、地元でよく行っていた大好きな喫茶店に
飾ってあった1枚の絵。

最後に行ったのが18年前で、以来、その喫茶店には
行っていない。 なぜならそのお店はもう今はないから。
移転したのかなくなったのか分からない。

その絵を初めて見た時、なんだか懐かしいような感じがした。
妙に落ち着く絵で、住んだ事があるような気さえしたどこかの
外国の街の絵だった。 その喫茶店へたまに行くと、なるべく
その絵が見える近くの席に座った。

暗い雨降りの絵で、雨の中を無口に歩いているような人々が
小さく描かれていて、その暗い街に、オレンジ色の街灯が
ぼんやりと暖かく描かれているような絵だったと記憶していて
いつかその絵をもう一度見たかったけど、そのお店はもうなくて
見ることが出来なかった。

で、今回帰省したときに、見つけた。
お店をじゃなくて、その絵を。
誰が描いたものでなんという絵かを。

そして、18年ぶりにその絵を見て思った。 
やっぱりあれは"パリ"だった。

今その絵を見ると、パリのどの辺りの絵か分かる。
そしてあの独特の建物。 
煙突。 街灯。 窓から漏れる暖かい光。

初めて見た時に妙に惹かれて懐かしい感じを受けたのが
どうしてかも今分かる。
時がたって私は縁あってパリに住んだ。

だから初めてその絵を見た時、なんだか見たことがあるような
なんだか懐かしいような、そんな感じを受けたのだろうと思う。

人間の感覚って不思議なものだと思う。
縁のある人や物、場所には必ず巡り会う。

私、そういうの多い。 世の中、偶然はなくて、やっぱり
必然なのかもと思う。


いつかその絵を手に入れたいと思う。
[PR]
by yutanmaman | 2012-01-10 22:14 | days


今は流れのままに。人に流されず、流れるように。単なる私の日記。
by yutanmaman
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30