やっぱシンプルが一番。
d0079725_182608.jpg

一昨日、ラデファンスのトイザラスへクリスマスプレゼントの下見に。
去年も行ったので、あれからもう1年かぁ・・・早いな。
パリ市内からラデファンスはすぐだけど、ここは近代ビルの立ち並ぶエリア。
パリとは全然違う景色。
帰りの車の中から見えるビル群の灯りは東京の街を思い出す。
またあの街へいつか帰るのか・・・ ちょっとブルー。

d0079725_18345414.jpg
トイザラスはプレゼントを買う親たちでごったがえしており、レジも長蛇の列。
30分以上並んだかも。日本じゃあんまり考えられない光景よねぇ。
日本とは違い、こちらはクリスマスは1年のうちの一大イベント。
日本でいうお正月ですからねぇ・・
館内もキラキラと飾り付けされてました。
外に出るとラデファンスのクリスマスマーケットも開催されてます。


d0079725_18261942.jpg昨日は先日出していたブーツの底の修理も出来あがりとてもうれしい。
お気に入りのブーツだったというのもあるけど、底が擦れてきていて、履いて歩くたびに「あぁ・・靴底が悲鳴をあげてる・・」というのをひしひしと感じていたので、やーっと修理に出すことができ、さらには直し屋のおじさん、ピッカピカに磨き上げてくれており、買った時よりも?ピッカピカツルツルになって戻ってきてくれました♪

履いて歩くたび、とてもいい気分。
"安もの買いの銭失い"と言うけれど、ちょっと値がはってでも靴とかバッグはいいものを買った方が、ずっと使えるしいいなと思います。
逆に、洋服にはあまりお金かけない。なぜなら、去年は似合っていたのに今年はなんだかおかしい・・って思うことないですか? さらには体系まで変わっちゃってたり?

服こそ無駄と30過ぎて思うようになった。
若気の至りで服にもお金かけていた時代があるからこそ、そう思うわけだけど。
私の服の買い方がヘタだったってのもあるねー。流行りのものやその当時しか
似合わないもんばっかり買ってたんだろう。
その時代買ってた服で今も着てるものなんて・・・数着しかない。
結局、当時その辺のお店で3,980円とかで買ったオーソドックスな服の方が、
今も残っていて、毎日着ていたりね。 で、案外丈夫だったり。

基本はシンプルが一番だ。
着るモノも生きることも考えることも。
[PR]
by yutanmaman | 2010-12-17 18:54 | パリ
<< 不安と迷い。 モンマルトルへ。 >>


今は流れのままに。人に流されず、流れるように。単なる私の日記。
by yutanmaman
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30